DATE SEVEN 純米大吟醸 episode5(宮城県 DATE SEVEN(伊達セブン))【第243酒】

原料米:蔵の華 精米歩合30%
酵母:DATESEVEN酵母

買ったお店 : 誘い誘われでの飲み
価格 : 円

今回のDATESEVENは墨廼江酒造がリーダーで、DATESEVENメンバー7蔵の各仕込み水を使用するという試みを行った作品。episode3から飲ませて頂いているが、これは7月7日夜7時解禁ではなくて事前の購入可能で7月7日0時が開栓解禁だったよう。

これだけ手間暇かけているためしょうがないとは思うが
3:2160円 → 4:2700円 → 5:2916円
と値上がってきているので今回は飲み屋で一杯に。

上立ち香は思ったほど強くなく、爽やかでほんのりと吟醸香が漂う。
飲むとクリアな味わいで酸味と嫌味のない苦味が特徴的に思えた。
飲み終わりはこれまた以外に辛さが強く、しっかりとした辛口でキレる。

飲みやすいという印象があるが、最後の辛さがあるので好みが少し分かれるかも。


PAGE TOP