八戸旅行 八食センターで試飲+八戸酒造見学+八戸酒類見学

八戸に酒造見学等で小旅行に。
今回は八戸酒造さんと八戸酒類さんにお邪魔しました。

とその前に、最初に八食センターの地酒取り揃えがすごい
酒のサービスエイトさんで試飲を。

八食センターで試飲

 

・六根 純米吟醸 タイガーアイ(青森県 齊藤酒造)

原料米:華吹雪 精米歩合55%
酵母:青森県酵母
六根のひやおろし。試飲で瓶が開くくらいだったので香りや味が少し飛んでいたかも?
全体的に水のようにスイスイと飲める。その中にコクとほんのり旨味苦味も感じられて美味。

・三十六人衆 出羽の里 六号プラス 純米酒(山形県 菊勇株式会社)

原料米:出羽の里 精米歩合65%
酵母:協会六号
協会「六」号酵母×日本酒度+「6」で三十六、と少し洒落をきかせたお酒。
お米の旨味と苦味がはっきり感じられる。それでいて後味がスッキリとしていてスイスイ飲める。

・鳩正宗 純米吟醸 プロトタイプ NO.20(青森県 鳩正宗酒造)

原料米:吟烏帽子(ぎんえぼし) 精米歩合50%
酵母:協会六号
青森の新酒造好適米である吟烏帽子を使ったお酒。
引き締まった酸味が印象的。後味は辛口で爽快。これもスイスイと飲める。

 

八戸酒造見学

八戸酒造さんでの見学は、衛生上造りのところは見せられないということで、
大正時代に作られた蔵の建物の説明と出荷前の貯蔵の場所や二階の展示スペースを見せてもらえました。

予約して行ったものの、いつでも見られるような見学コース的流れだったので少し残念でしたが
八戸酒造さんの建物自体がレンガ造りなどいろいろ見どころがあって楽しめました。

 

 

やはりメインは最後の試飲。いろいろと飲ませていただきました。

陸奥八仙 20周年記念酒

購入して後日飲んだので割愛

陸奥八仙 no.43 純米大吟醸

原料米:吟烏帽子(ぎんえぼし) 精米歩合40%
ちょうど鳩正宗の吟烏帽子を使ったお酒を飲んできた後だったので飲み比べられた。
このお酒にも引き締まった酸味があったので吟烏帽子の特徴なのかもしれない。
陸奥八仙らしい香りや甘旨味があるが、その酸味で少し特徴的な印象を受けた。

陸奥八仙 natural sparkling

原料米:華吹雪 精米歩合 麹55%/掛65%
リンゴのように甘酸っぱいスパークリング。これはとても美味しかった。

陸奥八仙 貴醸酒

原料米:華吹雪 精米歩合 77%
今まで飲んだことのある貴醸酒より圧倒的に酸味が強く、甘いが酸味も強い印象を受けた。

陸奥八仙 赤ラベル 緑ラベル 飲み比べ

赤ラベルとそのひやおろしである緑ラベルの飲み比べ。
やはり赤ラベルに対して緑ラベルは少しコクというか旨味が強い気がした。

 

外国の方も見学にきていたので、知名度も高いようです。
八戸酒造の皆様ありがとうございました!

 

八戸酒類見学

八戸酒造さんに続き、八戸酒類さんを見学させていただきました。
こちらでは井戸水の組んでいる場所や米の洗いや蒸す場所、仕込みをするタンク等、造りの場所を見学させていただきました。

井戸水を汲んでいる場所

 

麹室は厳重になっている様子

こちらは酒母タンク

仕込み中のタンクも見せてもらえることに

仕込み中のタンクの中

大正時代に作られた建物らしい古い佇まいですが、しっかりしていて清潔感があり良い雰囲気です。

建物の見学後には酒造りの流れを撮ったビデオを見ながら試飲させていただきました。

・八鶴 純米酒

原料米:青森県産酒造好適米 精米歩合 60%
しっかりとしたお米の旨味が味わえて、後味は比較的キレのよいお酒だった。

・八鶴 濃醇超辛純米酒 剛酒

原料米:青森県産米 精米歩合 65%
純米酒に似ているがしっかりと辛口を感じられる。刺し身などに合いそうなお酒だった。

・八鶴 純米吟醸無ろ過生

原料米:華想い 精米歩合 50%
生酒で華想い50%ということで、上記2つとはまったく違ってフレッシュでフルーティー。
流行りの日本酒の流れに乗っている感じでとても飲みやすい。

 

案内の方にいろいろとお話をしていただいて楽しい時間を過ごせました。
八戸酒類の皆様ありがとうございました!

 


PAGE TOP