【ゆきさやか飲み比べ】ましろ 純米吟醸火入れ(秋田県 秋田清酒)・阿櫻 純米 蔵出し限定品(秋田県 阿櫻酒造)【第378酒】

ましろ 純米吟醸火入れ(秋田県 秋田清酒)(越前屋 1815円)
原料米:北海道知内町ゆきさやか 精米歩合60%

阿櫻 純米 蔵出し限定品(秋田県 阿櫻酒造)(みのや 1375円)
原料米:北海道むかわ町ゆきさやか 精米歩合70%


どちらのお酒も、北海道でお米を造っている農園さんが秋田の酒蔵にお願いして造られたお酒。


どちらも透明でましろはごく僅かに黄色がかっていて、阿櫻はそれよりも少しだけ黄色が濃い。
上立ち香
ましろ:爽やかでフルーティーなリンゴ系の香り。
阿櫻:米由来の香りとほんのりフルーティーなリンゴ系の香り。
味わい
ましろ:口当たりシャープで、フルーティーな含み香と優しいお米の甘旨味、心地よい酸味
阿櫻:口当たりまろやかで、程よいお米の旨味と僅かなフルーティーの含み香。
後味
ましろ:スッとキレる。アルコール感ない。
阿櫻:お米の旨味とアルコール由来の辛口の余韻が少しだけある。

リンゴ系の香りの感じが似ているが、精米歩合差のせいもあってか阿櫻はお米由来の旨味がよく感じられる。
ましろは単体、もしくはフルーツソースを使ったような野菜サラダ等、味の濃くないものに
阿櫻はもう少し味のついたもの、お刺身系からあっさりめの肉料理もいけそう。
同じ精米歩合で飲み比べしたいかな。


PAGE TOP