鹿野酒造・益荒男の酒の会 +α【飲み会28】

鹿野酒造・益荒男の酒の会
2018年11月14日 日本酒Barやまいち

鹿野酒造から人を招いて益荒男の燗の飲み比べをするとの話を聞いて
早速申し込んで行ってまいりました。

写真の右から順に試飲させていただきましたので短いですがコメントを。
(最後は益荒男ではなく常きげんの純米大吟醸を)

益荒男(石川県 鹿野酒造)

・純米大吟醸 KISS OF FIRE
純米大吟醸の透明感がある。飲み終わりの最後に苦味と甘味を両方感じた。

・山廃吟醸
山廃の香り、後味スッキリで飲みやすい。
料理と合わせるとまろやかになる。

・大吟醸 斗瓶囲い
山田錦のフルーティーな吟醸香、バナナ洋梨系の含み香。
最後にじわっと辛さが来る。

・山廃純米(燗)
終始山廃らしい酸味を感じてキレが良い。
へしこと絶妙にマッチする。

・山廃純米 原酒 秋上がり(燗)
上記の山廃純米よりも酸味が落ち着いて辛口を感じる。

・純米 山田錦 生
山廃ではないものの、山廃とはちがった酸味を感じる。

・純米吟醸 生貯蔵酒 氷温熟成
上立ち香にほんのりとバニラの香り。
益荒男らしからぬフルーティーさがあり、若者や日本酒初心者に受けそう。
後味は辛口でキレる。これは冷やでうまいと思った。

・常きげん 純米大吟醸
上立ち香は僅かに華やかな吟醸香。香りは弱め。
飲むと山田錦の艷やかな含み香と旨味があり味濃い目。
後味はやはり辛口でキレが良い。

 

全体的に燗に合うお酒ということだけあって、
温度を上げると味に深みがでたり、旨味の広がりがよくなったりと素晴らしい味でした。

生貯蔵の氷温熟成だけは冷用で、こちらは今流行り系なのでラベルをもっと今風にすると
注目されるんじゃないかなあと思いつつも美味しく頂きました。

 

そして帰りに別場所でなぜか高級酒を飲むことに。

・鳳凰美田 SUPREME シュプリーム 2017 純米大吟醸 特上山田錦30
上立ち香がとても華やかで上品な香り。
飲んでも含み香も華やかなフルーティーな甘みを感じる。
飲み終わりも甘旨味がスーッと綺麗にキレていく。さすが高級酒。

四合瓶定価21600円の高級酒で、美味しい以上に感想がなかなか出てこないが、
とりあえず香りが素晴らしいということだけ・・・


PAGE TOP