東洋美人飲み比べ・八海山・鳳凰美田【飲み会14】

誘い誘われにて。
友人との軽い飲み会。

早い時間に行くと飲み比べができるよとのことで
開店時に訪問して早速東洋美人の飲み比べ。

右から

東洋美人 ippo おりがらみ(山田錦)(山口県 澄川酒造場)

東洋美人 ippo 出羽燦々(山口県 澄川酒造場)

東洋美人 ippo 酒未来(山口県 澄川酒造場)

東洋美人 ippo 西都の雫(山口県 澄川酒造場)

東洋美人 ippo 雄町(山口県 澄川酒造場)

東洋美人 ippo 山酒4号(山口県 澄川酒造場)

やはり全て東洋美人ippoなので華やかさや旨味は似たところがあるが
それぞれのお酒でかなり違った味を感じることができた。

おりがらみはさすがに見た目通り少し濁ったようなザラザラした味。
それでいてフルーティーさもあってバランスが良い。友人の一番好みがこれだった。

出羽燦々と西都の雫は似たような味で、フルーティーで旨味と控えめな酸味、ジューシーさが程よい。
飲み終わりのキレも良くて、個人的にこの2つが好みだった。

雄町は雄町らしい主張した旨味と爽やかさがあって、酸味も出羽燦々等よりは強く感じた。

山酒4号はジューシーで少し甘みもあった。お米の品種自体も知らなかったのもあるが、味も今まで飲んだことのない表現し難い味もしておもしろい。

酒未来が一番特徴的で、上立ち香が完全にバナナの香り。ここまでバナナなのか!といわんばかりバナナ。しかし飲んでみるとバナナは香りだけで味は旨味と酸味が程よくスッキリとした味わい。

6種類の違ったお米を使用した東洋美人を飲み比べられる貴重な機会を頂けて感謝。

 

八海山 しぼりたて生酒 越後で候 青ラベル(新潟県 八海醸造)

写真を撮り忘れたがこちらも頂く。
昨年飲んだ赤ラベルが美味しかった印象があったが、青ラベルは生酒特有の香りと味が強く、自分にはあまり合わなかった。

鳳凰美田 純米大吟醸荒押切合併酒 発泡酒 (栃木県 小林酒造)

鳳凰美田の限定酒。
真ん中の「中取り」を除いた、しぼり始めの「あらばしり」と最後の絞りきる「責め」を混ぜ合わせた一品。
中取りを使わない分少し安く提供できるようだが、限定品でなかなか手に入らないらしい。

濁り酒かつ発泡性のあるお酒で、上立ち香はほんのりフルーティー。
飲むと心地よい炭酸と爽やかな甘味酸味が入ってくる。お米の旨味も感じるがお酒とは感じないくらいに飲みやすく、女性でもスイスイいってしまいそうなお酒だった。

見つけた方は是非オススメ。


PAGE TOP