地元酒飲み比べ・有加藤・鳳凰美田・出羽桜・東洋美人【飲み会30】

2018年11月27日 藤田商店で地元のお酒飲み比べ+誘い誘われ飲み

初の藤田商店訪問と間挟んで最後に誘い誘われでの飲みへ。
なかなか地元のお酒(蔵は地元であらず)を飲む機会がないので貴重な体験に。
年末の訪問は写真取り忘れでカット;;

 

陣屋桜(北海道 男山酒造)

原料米:北斗市産初雫 精米歩合60%
香りはそれほど感じない。
飲むとまろやかな包まれたようなお米の旨味。
後味はアルコール由来の辛口。

北斗発祥(北海道 小林酒造)

原料米:北斗市産彗星 精米歩合60%
香りはこちらもあまり感じない。
飲むと少しだけ山廃生もと系のお米の旨酸味を感じる。
全体的に薄めで飲み終わりも水のようにすっと流れる。

函館奉行(兵庫県 小西酒造)

原料米:函館市産吟風 精米歩合60%
(一升瓶の最後)最後の方なので香りは抜けているかも。
呑み口は後味まで水のようだったのでやはり香りが抜けた可能性がある。
後味は辛口。

 

有加藤 限定純米大吟醸(山形県 冨士酒造)

原料米:山田錦23%/美山錦77% 精米歩合50%
酵母:協会10号系

栄光富士の冨士酒造の限定酒があったのでオーダー。
上立ち香は洋梨バナナ系の香り。
飲むと含み香もフルーティーさを感じさせつつも後味が辛口。
今まで飲んだことのある栄光富士のお酒よりは辛口な気がした。

 

鳳凰美田 初しぼり純米吟醸酒(栃木県 小林酒造)

原料米:五百万石 精米歩合55%
上立ち香は洋梨系のフルーティーな香り。
飲むとフルーティーな含み香と酸味がある。
後味は綺麗な酸味でキレて飲みやすい。

鳳凰美田 ホワイトフェニックス

原料米:愛山 精米歩合45%
(開栓直後)上立ち香は僅かに柑橘系の華やかな香りがあるが香りは弱い。
飲むとまろやかで含み香もフルーティー。
それでも後味はしっかりと辛口でキレる。
愛山のお酒は飲むと「ああやっぱり愛山だ」と感じることが多いが
このお酒は愛山らしさはあまりなく、ブラインドで飲むと全くわからないと思う。

 

出羽桜 枯山水 三年熟成(山形県 出羽桜酒造)

上立ち香はほんのり生もとらしいお米の香りと僅かにフルーティーな香り。
飲むとまろやかな熟成の味。
後味は少し辛さの余韻が残る。

出羽桜 枯山水 十年熟成(山形県 出羽桜酒造)

原料米:国産米 精米歩合55%
上立ち香は強い熟成の樹木系の香りと少しのセメダイン香。
飲むとハッキリとした熟成の味わいがあるが、まろやかさもある。
後味は飲み口の強さに対して軽く流れていく。

 

東洋美人 地帆紅(じぱんぐ)限定大吟醸(山口県 澄川酒造場)

原料米:山田錦 精米歩合40%
飲むと最初はフルーティーに感じるが、まろやかさを感じた後に辛さが来て辛口になる。
含み香にはあまりフルーティーさを感じなかった。
後味は辛口で程よくキレが良い。


PAGE TOP